minimal.com

感じのいい暮らしをしたい 京都在住のミニマリストのブログ。暮らしの工夫や気になることなど紹介しています。

【予約必須】京都でチョーヤの梅酒手作り体験!テイクアウトも可◎

こんにちは、やくしまるです。

 

2018年4月に京都・六角通に

梅酒でおなじみのチョーヤが世界初「体験型梅専門店」をオープンしました。

 

その予約~体験までの様子をお伝えします。

  

関連記事:

 

www.xn--idkvbb4c.com

 

  

 

予約受付は2週間前から

梅体験専門店は、梅を使ってジュースや梅酒を作ることができます。

 (梅ジュースの場合は、未成年でもOKです)

 

体験するには、公式HPから予約が必要です。

www.choyaume.jp

 

2週間前から予約受付をされていますが、

土日祝はすぐに埋まってしまいます。

 

狙い目は、平日・もしくは行きたい日の2週間前

すぐに予約を取ることをお勧めします。

 

私も、意気込んで予約開始の2週間前にアクセスしましたが、

すでに希望の時間帯が埋まっていました・・・(*_*)

 

定員人数は?

体験の定員人数は、最大6人まで。

 

私が予約を取った時、すでに4名の予約が入っていたので、

参加人数には注意が必要です。

 

もし、一部の人が体験できない場合は、見学も可能だそうです。

 

キャンセルはできる?

予約のキャンセルは、予約の3時間前まで可能です。

 

予約完了のメールに記載の「予約番号」と「認証キー」を入力すれば、

ネット上でキャンセル手続きができます。

 

予約なしだと作れないの?

予約が取れなかった!という方には、

持ち帰り用の蝶矢梅キット予約なしでも購入ができるので、

おうちで体験してみたい方はどうぞ。

 

また、当日の体験予約は、空きがある場合に限り店頭で先着順で受付するそうです。

 

体験の様子

 

お店に到着しました。

f:id:oisi_sakana:20180825200228j:plain

店内は白を基調とした洗礼された空間で、

落ち着いた雰囲気です。

料金

料金は、「ボトルのサイズ+入れる材料のグレード」によって変動します。

S (1杯分)1,000円(税別) 

M(3杯分)2,000円(税別)~

L (6杯分)3,000円(税別)~

ちなみにボトルサイズはこのような感じ。

f:id:oisi_sakana:20180825202831j:plain

 HARIOのガラスボトルでした!

 

上記の通り、選んだボトルサイズに対して

・梅

・砂糖

・お酒

3種を選びます。

 

f:id:oisi_sakana:20180825201201j:plain

「梅」と「砂糖」は、作成前にすべて試飲をすることができるため、

好みの味に合わせて作ることができます。

 

壁に飾られているのが、試飲用の梅シロップです。

f:id:oisi_sakana:20180826222752j:plain

  

私は、甘酸っぱい「有機古城(ゆうきこじろ)」という梅に

相性のいい「アガぺシロップ」の組み合わせを選びました。

f:id:oisi_sakana:20180825201737j:plain

あとは、梅酒を作る場合、お酒を選べばOK。

これも、説明に相性のいいお酒が書いてあるのでその通りにしました(笑)

 

あとは、スタッフの方が材料を用意してくれます。

f:id:oisi_sakana:20180825203316j:plain

ここで、梅のヘタを取るために写真右下の金具を使って少し作業をします。

 

そのあとは、先ほど選んだ砂糖とお酒を入れれば完成です!

 

 所要時間

所要時間は、公式HPの記載のとおり30分~45分程度でした。

 

また、梅ジュースは作成して数時間で飲むことができますが、

梅酒は1ヶ月ほど漬けてから飲むことができるそう。

 

私が作成した梅酒はこちら。

f:id:oisi_sakana:20180826233941j:plain

 

テイクアウトドリンクもあり

 待ちきれなかったのでテイクアウトの梅ジュースを購入。

f:id:oisi_sakana:20180825204732j:plain

種類は、以下の中からソーダを選びました。

 

ホット 400円(税別)

割り材:お湯、紅茶、緑茶
アイス 500円(税別)
割り材:ソーダ、水、紅茶、緑茶(完熟南高梅入り)

 

さっぱりしてて、梅の果肉が美味しい!

本格的な梅ドリンクを楽しめました。

 

次回より容器持ち込み割引もあり

また、次回からは体験で使用したボトルを持参すれば、

なんと材料費だけで作成することができるそうです。

 

普段手に入らない梅を使って美味しい梅酒が作れるなら、

何度も足を運びたくなりますね。

 

私が参加した時も、親子連れの方がいらしゃったり、

老若男女問わず、楽しく参加することができます。

 

気になる方は、今すぐ予約状況を確認してみては。

梅体験専門店「蝶矢」